台湾[新営包仔師]六十年余り伝統の味を堅く守りながら・・・

Bookmark and Share

新營包仔師胚芽意麵店
一筋六十年余り 新營包仔師《包仔師胚芽意麵店》

包仔師[BAUASAI]は台湾南部新營市内にある有名な元祖福州料理店です。

60年余りこだわりの生地から生み出されてきた、さまざまな麺類、饅頭、肉まんなどを味わうことができる「台湾老店」です。


初代の倪修燦さんは日本統治時代の1948年(昭和23年)頃、中国福建省にある福州から海を渡って台南の新營に辿り着きました。福州料理の名料理人の弟子として、13歳の若さで料理の世界に入り、古くから継承してきた料理の技を身に付けて腕一本で今日までやってきました。美食王国の台湾に、料理の美味しさと奥深さを伝えていく重要な役割を果たした、台湾料理界に数少ない尊敬されている料理人です。包仔師胚芽意麵店の麺類、饅頭は時代を問わず、新營の人々に愛されてきました。
また、波乱の冷戦時代であった1970年代に料理専門家として日本の中華料理を経営する会社に招請され、日本で中華肉まんとシュウマイの技を伝授しました。


現在、初代の長男倪齊澔さんと孫たちがこの店の特有な味を香りを守っています。福州から渡ってきた初代は引退と言いながらも日々三代目の孫たちに技を伝え、第一線で活躍しています。
二世代の倪齊澔さんは責任者として、父親であり師であり初代から譲り受けた料理技能を堅く継承しています。そして、効率良い生産管理方法と新しいビジネススタイルを取り入れ、独自のブランドを確立しています。

食の安全が消費者に厳しく問われている今の時代に、新しい味と健康的な料理を提供し続け、台湾料理の未来を創っていこうと頑張っています。


新營包仔師
新營包仔師胚芽意麵店

六十年以上の生地、六十年以上の経験と技、六十年以上の特有な香りと味、、、
包仔師胚芽意麵店で作られている生地の匂い・味からは、小麦粉本来の力と深さを感じることができます。

自然発酵による伝統的な製法を守り、今の時代に数少ない完全に手でこねられた生地です。

この食感や味は台湾南部の懐かしさを思い出させてくれます。


台湾へお越しの際は、ぜひ南台湾の新營へ遊びにいらしてください。

台湾の本場の味を味わって、台湾の情熱を感じてください。

新營包仔師胚芽意麵店


新營包仔師胚芽意麵店の健康原料

小麦胚芽
小麦の発芽部分にあたる部分で、五大栄養素をバランスよく含んでいます。このため、「植物のたまご」と呼ばれている。

栄養成分では、ビタミンB群(B1・B2・B6)、Eなどのビタミンや、カルシウム、鉄などのミネラル、食物繊維などが豊富に含まれていて、栄養価の高い食品である。


紅糟・紅麹

ベニコウジカビ(紅麹黴、学名:Monascus purpureus)は糸状菌の一種である。この菌は古来から台湾や中国において、紅酒や豆腐ようなどの発酵食品に利用されている。
また、近年では、この菌が生産する「モナコリンK(Monacolin K)」などが血清コレステロール降下や血圧降下といった作用を持つことが分かり、健康食品としても注目を集めている。さらに、この菌が生産する赤色色素も天然着色料として注目を集めている(成分はアンカフラビンおよびモナスコルブリン)。

◎部分資料來源:Wikipedia
新營包仔師胚芽意麵店
新營包仔師胚芽意麵店

 Information :
包仔師通販商品は台湾国内に限ります。
海外地域についてはご利用になれません。
包仔師通販商品(中国語)
台湾地域の通信販売(中国語)
新營包仔師〈中正店〉:
台湾新營市中正路27-5號(實踐堂旁)
TEL:( 06 ) 637-8800

日本語
お問合せ先について
※上記窓口で受付けいたします。ご用件ご希望はメールにて連絡してください。
台南縣政府觀光旅遊網[日本語/台南県政府観光情報のページ]